爪哇及びマドゥラに於ける土地及びその関係事項 : 但土侯領を除く

ヘスリンガ 著 ; 多田芳雄 訳

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 凡例
  • 原著序文
  • 第一章 農業立法
  • 第一節 主要生活手段としての農業 / 3
  • 第二節 保護主義 / 4
  • 第三節 會社時代 / 5
  • 第四節 ラッフルス及び其の主義 / 6
  • 第五節 ウイレム一世及び强制栽培制度 / 8
  • 第六節 制度自體は公平なものあつたが問題は其の實施方法如何に在つた / 9
  • 第七節 强制栽培制度の弊害 / 10
  • 第八節 强制栽培制度の盛衰 / 11
  • 第九節 蘭印統治法時代の强制栽培制度 / 11
  • 第十節 强制栽培制度の衰滅 / 13
  • 第十一節 十九世紀に於ける植民地問題 / 14
  • 第十二節 各種栽培法々案 / 15
  • 第十三節 土人の權利に關する調査 / 15
  • 第十四節 政府の農業政策 / 16
  • 第十五節 農業令 / 19
  • 第十六節 國有地宣言の意義 / 21
  • 第十七節 土人占有權 / 23
  • 第十八節 讓渡禁止規定 / 27
  • 第十九節 世襲的個人占有權及び共同占有權 / 31
  • 第二十節 共同占有地制と世襲的個人占有地制との優劣 / 33
  • 第二十一節 土人占有權に關する變更及び轉換 / 38
  • 第二十二節 土人占有權の取得方法 / 42
  • 第二十三節 農地所有權 / 47
  • 第二十四節 土人の近代的所有權 / 57
  • 第二十五節 土人より非土人に對する土地賃貸 / 58
  • 第二十六節 最低借地料 / 66
  • 第二十七節 工場條例 / 77
  • 第二十八節 收穫權 / 78
  • 第二十九節 私領地 / 80
  • 第三十節 私領地の國有地化 / 90
  • 第三十一節 小國有地の賣却 / 95
  • 第三十二節 借地權下附 / 102
  • 第三十三節 地上權下附 / 104
  • 第三十四節 使用貸借契約に依る國有地下附 / 107
  • 第三十五節 使用權下附 / 107
  • 第三十六節 永借地權下附(附、ニウ・ギネア植民問題) / 109
  • 第三十七節 土地不法占有 / 134
  • 第三十八節 自治區域の管理權 / 138
  • 第三十九節 鑛業立法 / 141
  • 第四十節 收用に付て / 145
  • 第二章 灌漑及び灌漑立法に付て
  • 原著附錄
  • 一、蘭領印度國家組織法第五十一條 / 1
  • 二、蘭領印度國家組織法第五十一條改正案 / 3
  • 三、西部爪哇に於ける私領地 / 5
  • 四、公證人の義務 / 11
  • 五、ガヤム砂糖工場の破產 / 12
  • 六、印歐人の土地占有 / 14
  • 七、地上權保存登記樣式 / 15
  • 八、不法土地占有に關する新訓令 / 19
  • 九、土地下附に關する權限移管 / 20

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 爪哇及びマドゥラに於ける土地及びその関係事項 : 但土侯領を除く
著作者等 Heslinga, Johann Hermann
多田 芳雄
ヘスリンガ
書名ヨミ ジャワ オヨビ マドゥラ ニ オケル トチ オヨビ ソノ カンケイ ジコウ
シリーズ名 南方諸地域法制翻訳会資料 ; 1
出版元 東亜研究所
刊行年月 1941
ページ数 174, 23p
大きさ 22cm
NCID BN14559564
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
70007914
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 オランダ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想