対論オウム真理教考

室生忠 ほか著

オウムをめぐる今…中間報告・序。現代という時代のあり方から、さらに宗教という次元から、新たに捉え直し、その核心に迫る迫真の語り下し徹底討論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 オウムの闇(室生忠)
  • 第1章 教義・信仰実践から見たオウム真理教(島薗進)
  • 第2章 宗教運動の暴力性(松沢正博)
  • 第3章 オウム共同体の変質と限界(島田裕巳)
  • 第4章 オウム報道とワイドショー(亀和田武)
  • 第5章 こちら側は生きるに値するか(宮台真司)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 対論オウム真理教考
著作者等 室生 忠
亀和田 武
宮台 真司
島田 裕巳
松沢 正博
島薗 進
書名ヨミ タイロン オウム シンリキョウ コウ
出版元 三一書房
刊行年月 1996.6
ページ数 330p
大きさ 19cm
ISBN 4380962490
NCID BN14547011
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97052774
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想