北方から来た交易民 : 絹と毛皮とサンタン人

佐々木史郎 著

18世紀から19世紀にかけて、アムール川下流域と樺太で、サンタン人をはじめとするこの地の先住民族たちが、中国や日本を相手として絹と毛皮を中心にした交易活動を行っていた。彼らは大国に搾取されるどころか、文明人の二大商品への欲望を逆手にとり、したたかに生きていたが、交易の終焉とともに歴史の舞台から姿を消していく。本書は、日本あるいは中国の辺境史の一つとして描くのではなく、サンタン人自身を歴史の主人公として捉え、従来「原始民族」「自然民族」というレッテルのみを貼られてきた彼らの活動のダイナミズムを、歴史の流れのなかから掘り起こす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 絹と毛皮の交易
  • 第1章 サンタン人とサンタン交易
  • 第2章 サンタン交易前史-古代〜一七世紀
  • 第3章 露清紛争とアムールの人々-悪魔と呼ばれたロシア人
  • 第4章 清朝の統治体制と辺民社会-親密だった貢納民と官吏たち
  • 第5章 江戸幕府の樺太政策と民族関係-幕府の公認を得たサンタン交易
  • 第6章 絹と毛皮の商品価値
  • 第7章 交易の終焉

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 北方から来た交易民 : 絹と毛皮とサンタン人
著作者等 佐々木 史郎
書名ヨミ ホッポウ カラ キタ コウエキミン
シリーズ名 NHKブックス 772
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 1996.6
ページ数 280p
大きさ 19cm
ISBN 4140017724
NCID BN14546788
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97051493
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想