東洋医学

大塚恭男 著

風邪をひいたら葛根湯、胃痛に安中散、便秘に潤腸湯。漢方薬は私たちになじみ深いものになっている。しかし、東洋医学の考え方や診断法はまだ知らないことが多い。証・方、陰・陽、虚・実などの概念、身体観・病気観はどんなものか。診断はどのように行うのか。さまざまの病気にどんな漢方薬を使うか。東洋医学の基礎を徹底解説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 東洋医学と西洋医学
  • 2 日本における東洋医学の歴史
  • 3 日本の東洋医学と中国の医学
  • 4 東洋の身体観と病気観
  • 5 本草の歴史
  • 6 漢方の診断法
  • 7 漢方薬
  • 8 消化器系疾患の漢方治療
  • 9 産婦人科疾患の漢方治療
  • 10 老人性疾患の漢方治療
  • 11 小児科疾患の漢方治療
  • 12 痛みの漢方治療

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東洋医学
著作者等 大塚 恭男
書名ヨミ トウヨウ イガク
書名別名 Toyo igaku
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1996.6
ページ数 213, 12p
大きさ 18cm
ISBN 4004304482
NCID BN14545195
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97003220
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想