銀河鉄道の夜

宮沢賢治 著

-永久の未完成これ完成である-。自らの言葉を体現するかのように、賢治の死の直前まで変化発展しつづけた、最大にして最高の傑作「銀河鉄道の夜」。そして、いのちを持つものすべての胸に響く名作「よだかの星」のほか、「ひかりの素足」「双子の星」「貝の火」などの代表作を収める。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 銀河鉄道の夜
著作者等 ますむら ひろし
別役 実
宮沢 賢治
杉井 ギサブロー
書名ヨミ ギンガ テツドウ ノ ヨル
書名別名 Ginga tetsudo no yoru
シリーズ名 角川文庫
出版元 角川書店
刊行年月 1969
版表示 改版.
ページ数 274p
大きさ 15cm
ISBN 4041040035
NCID BA39284216
BN09306060
BN14441338
BN14543178
BB18123613
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
75082996
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想