オリエント漂泊 : ヘスター・スタノップの生涯

ジョーン・ハズリップ 著 ; 田隅恒生 訳

アメリカ独立の年に、英国有数の名門貴族の長女に生まれたヘスター・スタノップ。社交界の花と謳われ、敬愛する叔父、宰相ウィリアム・ピットを助けてナポレオン戦争時代の英国政界の舞台裏をとりしきるが、恋に破れピットの死に遭ったのち、心機一転を図って旅に出る。しかし予期せぬ運命に操られて帰国の機会を失い、地中海を東へ東へと流れてついにレバノンの山中に住みつく。白人女性として初めてパルミラ訪問を果たし、古い修道院を山砦として周辺のアラブを支配するが…。30年をレヴァントの流転に過ごした貴婦人の破格の生涯、奇矯で強烈な個性が自尊と妄想の上に辿った現実と夢幻のあやしい交錯を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ-一八三七年
  • 出生-一七七六年
  • デビュー前後
  • キャメルフォード
  • グランド・ツアー
  • ウィリアム・ピット
  • グランヴィル・ルーソン=ゴウア
  • ピットの死
  • 国を出るまで
  • マイケル・ブルースの登場〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 オリエント漂泊 : ヘスター・スタノップの生涯
著作者等 Haslip, Joan
田隅 恒生
ハズリップ ジョーン
書名ヨミ オリエント ヒョウハク
書名別名 Lady Hester Stanhope

Oriento hyohaku
シリーズ名 りぶらりあ選書
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1996.6
ページ数 350, 14p
大きさ 20cm
ISBN 4588021729
NCID BN1453657X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97005692
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想