世紀転換期の日本と世界  第1巻

生田 勝義;大河 純夫【編】

[目次]

  • 序章 法の構造変化と人間の権利
  • 第1章 権利論の動向と課題
  • 第2章 外国人の人権と国家主権
  • 第3章 TRIPs協定と知的財産法制の展開
  • 第4章 競争政策と独占禁止法制の動向
  • 第5章 消費者政策と法の動向
  • 第6章 労働関係の再編と労働者の権利保障
  • 第7章 ポスト福祉国家の政治経済学
  • 第8章 家族と福祉の法的課題
  • 第9章 生命倫理と人権
  • 第10章 公害・環境法の展開と新しい課題
  • 終章 憲法の平和原則と新しい国際関係

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世紀転換期の日本と世界
著作者等 中井 美雄
二宮 周平
吉村 良一
吉田 美喜夫
大久保 史郎
大河 純夫
宮本 太郎
市川 正人
木棚 照一
松宮 孝明
瀬領 真悟
生田 勝義
長尾 治助
書名ヨミ セイキ テンカンキ ノ ニホン ト セカイ
書名別名 法の構造変化と人間の権利

Seiki tenkanki no nihon to sekai
巻冊次 第1巻
出版元 法律文化社
刊行年月 1996.6
ページ数 224p
大きさ 22cm
ISBN 4589019515
NCID BN14533742
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97010650
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想