爛熟した貴族社会とオペラ : 後期バロック1

ジョージ・J.ビューロー 編 ; 関根敏子 監訳

[目次]

  • 第1章 後期バロック時代における音楽と社会(ジョージ・J.ビューロー)
  • 第2章 ローマ:後援の力(マルコム・ボイド)
  • 第3章 政治的斜陽時代のヴェネツィア(エリナー・セルフリッジ=フィールド)
  • 第4章 ナポリ:エンタテインメントの都市(キャロリン・ジャントゥルコ)
  • 第5章 パリとヴェルサイユ(ジュリー・アン・セーディ)
  • 第6章 オランダ共和国(ルードルフ・ラッシュ)
  • 第7章 イベリア半島(ルイーズ・K.スタイン)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 爛熟した貴族社会とオペラ : 後期バロック1
著作者等 Buelow, George J
Buelow, George J.
関根 敏子
ビューロー ジョージ・J.
書名ヨミ ランジュクシタ キゾク シャカイ ト オペラ
書名別名 The late Baroque era

Ranjukushita kizoku shakai to opera
シリーズ名 西洋の音楽と社会 4
出版元 音楽之友社
刊行年月 1996.5
ページ数 268p
大きさ 22cm
ISBN 4276112346
NCID BN1452634X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96065195
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想