ティーム・ティーチング入門

加藤幸次 著

今日、伝統的な「学級担任制」を改めていくべきときにきている。学校教育のよりいっそうの質的向上をめざそうとするとき、教師の配置について根本的に見直すことである。端的に言えば、ある特定の「一人」の教師に指導を全面的に任せるあり方から「複数」の教師による多角的・多面的な指導、いわゆるティーム・ティーチングへと改めていくことである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ティーム・ティーチングの歴史と目的
  • 第2章 ティーム・ティーチングの課題と実践
  • 第3章 学級定数削減かティーム・ティーチングか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ティーム・ティーチング入門
著作者等 加藤 幸次
書名ヨミ ティーム ティーチング ニュウモン
書名別名 Timu tichingu nyumon
シリーズ名 国土社の教育選書 28
出版元 国土社
刊行年月 1996.5
ページ数 183p
大きさ 19cm
ISBN 433766128X
NCID BN14515605
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96069115
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想