社会学のすすめ

大沢真幸 編

この一冊で愉しくわかる新しい「社会学」の躍動。新たな「知」を切り拓く<社会学>の方法とは何か-第一線のスタッフが、「私」・家族・権力・都市・身体などをテーマに、新しい理論の切れ味をスリリングにわかりやすく提示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 「社会学すること」の構造
  • 1 私という病
  • 2 遊戯としてのコミュニケーション
  • 3 家族の未来
  • 4 安全性の政治
  • 5 都市の現在
  • 6 モノの見る夢、身体の語る夢
  • 7 社会学を駆動する問い

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 社会学のすすめ
著作者等 内田 隆三
吉沢 夏子
大沢 真幸
市野川 容孝
浅野 智彦
若林 幹夫
長谷 正人
吉沢 夏子
書名ヨミ シャカイガク ノ ススメ
シリーズ名 21世紀学問のすすめ 3
出版元 筑摩書房
刊行年月 1996.5
ページ数 198p
大きさ 19cm
ISBN 4480014039
NCID BN14508097
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97007617
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想