写真家のコンタクト探検 : 一枚の名作はどう選ばれたか

松本徳彦 著

名作写真で綴る戦後。名作写真が誕生するまでの過程と制作意図の源泉を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 菊池俊吉「戦災孤児収容所のこどもたち」
  • 植田正治「小狐登場」
  • 土門拳「足」
  • 田沼武能「浅草の正月」
  • 大竹省二「ゲルハルト・ヒュッシュ」
  • 木村伊兵衛「板塀」
  • 緑川洋一「白い村」
  • 中村立行「習作」
  • 林忠彦「五番街・日曜日」
  • 秋山庄太郎「ジプシー・ローズ」〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 写真家のコンタクト探検 : 一枚の名作はどう選ばれたか
著作者等 松本 徳彦
書名ヨミ シャシンカ ノ コンタクト タンケン
書名別名 Shashinka no kontakuto tanken
出版元 平凡社
刊行年月 1996.3
ページ数 228p
大きさ 21cm
ISBN 458223108X
NCID BN14495111
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96054931
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想