細胞内情報伝達のしくみ

宇井理生 編

本書は、急速な進展を続けるシグナル伝達研究の現状を紹介することを目的として企画されたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 概論
  • 細胞内シグナル伝達の基本的原理
  • 1 ピノプシンによる光シグナル伝達と生物時計
  • 2 3量体G蛋白質の立体構造と機能領域
  • 3 リン酸化チロシンを中心とするシグナル伝達蛋白の会合連鎖
  • 4 PI‐3キナーゼの役割
  • 5 Rasシグナルカスケード
  • 6 Rhoファミリー蛋白質
  • 7 MAPキナーゼカスケード
  • 8 サイトカインネットワークとシグナル伝達
  • 9 レドックス制御によるシグナル伝達
  • 10 遺伝子転写に至るシグナル伝達
  • 11 インスリン作用におけるシグナル伝達系

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 細胞内情報伝達のしくみ
著作者等 宇井 理生
平野 俊夫
貫和 敏博
辻 省次
門脇 孝
平井 久丸
書名ヨミ サイボウナイ ジョウホウ デンタツ ノ シクミ
書名別名 Saibonai joho dentatsu no shikumi
シリーズ名 新臨床医のための分子医学シリーズ
出版元 羊土社
刊行年月 1996.6
ページ数 183p
大きさ 21cm
ISBN 4897065410
NCID BN14489480
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96072136
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想