大陸国家アメリカの展開

野村達朗 著

近代世界を知るにはアメリカ合衆国の歴史を知らねばならない。幕末以来、日本に最大の衝撃を与えてきたアメリカ。現代文明とは何かという問題をつきつける国アメリカ。そのアメリカは十九世紀の展開のなかでつくられた。君主のいない民主的共和国の樹立、黒人奴隷制の繁栄、独立自営農民による西部開拓、先住民からの掠奪と文化破壊、世界最大の工業国家への発展、移民の低賃金労働力への依存。矛盾に満ちた資本主義国家アメリカの生成発展を「普通の人々」の生活に思いを寄せながら描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 19世紀のアメリカ
  • 民主主義国家アメリカの成立
  • 北東部と西部の展開
  • 南部黒人奴隷制社会の発展
  • 金ぴか時代
  • 変貌する南部と西部
  • 19世紀末のアメリカの変化

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大陸国家アメリカの展開
著作者等 野村 達朗
書名ヨミ タイリク コッカ アメリカ ノ テンカイ
書名別名 Tairiku kokka amerika no tenkai
シリーズ名 世界史リブレット 32
出版元 山川出版社
刊行年月 1996.5
ページ数 90p
大きさ 21cm
ISBN 4634343207
NCID BN14470212
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96067273
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想