ふてえ奴  上 (無我夢中の巻)

清水一行 著

明治末期、高原陽平は勇躍上京した。金沢の片田舎で、おとなをしりめに11歳で税務署の臨時職員試験に合格、神童とさわがれ、18歳で難関の専検をパスしての出郷であった。唯一の知人をたずねたが、その本田辰五は、なんと詐欺罪で手配中の身、途方にくれる陽平を、みかねた巡査が、居候先を世話してくれたが、その夜童貞を喪失、波瀾の第一夜となった。勃興期の明治大正の東京を舞台に自らの運命をつかみとる風雲児高原陽平。土地っ子の作者が、下町人情の機微を巧みに配して描く青春長編。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ふてえ奴
著作者等 清水 一行
書名ヨミ フテエ ヤツ
書名別名 無我夢中の巻
シリーズ名 角川文庫
巻冊次 上 (無我夢中の巻)
出版元 角川書店
刊行年月 1990.4
ページ数 480p
大きさ 15cm
ISBN 4041463688
NCID BN14451105
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90031143
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想