蛋白質工学研究法

井本泰治 著

本書は、蛋白質の精製法から始め、遺伝子工学の手法、蛋白質の構造の解析法、活性の評価法、安定性の測定法を解説し、次いで、蛋白質の機能向上法、蛋白質の改変、さらに新規蛋白質の創製法について述べている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 蛋白質の精製
  • 2 アミノ酸配列の決定
  • 3 遺伝子DNAの調製
  • 4 リコンビナント蛋白質の生産と巻き戻し
  • 5 変異蛋白質の調製
  • 6 ペプチドの化学合成
  • 7 化学修飾
  • 8 蛋白質の性質の検討
  • 9 生理機能の解析
  • 10 蛋白質の機能向上
  • 11 蛋白質の改変
  • 12 新規蛋白質の創製-蛋白質の分子設計

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 蛋白質工学研究法
著作者等 井本 泰治
書名ヨミ タンパクシツ コウガク ケンキュウホウ
シリーズ名 生物化学実験法 40
出版元 学会出版センター
刊行年月 1996.6
ページ数 152p
大きさ 21cm
ISBN 4762298220
NCID BN14446852
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96070602
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想