小児疾患のインフォームド・コンセント

阿部敏明 ほか編著

インフォームド・コンセントとは、その重要性、仕方を各専門分野から具体的に解説。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 総論(IC(infromed consent)の歴史
  • 今日の治療における1Cの重要性
  • 小児疾患とIC
  • ICの実施法)
  • 各論(未熟児、新生児
  • 奇形症候群と染色体異常症
  • 感染症
  • 悪性腫瘍 ほか)
  • 付(主要な薬剤の副作用
  • おもな遺伝性疾患の頻度
  • 疾患による発病率と死亡率
  • 治験承諾書の見本例-抗生物質 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 小児疾患のインフォームド・コンセント
著作者等 阿部 敏明
細谷 亮太
新保 敏和
書名ヨミ ショウニ シッカン ノ インフォームド コンセント
出版元 診断と治療社
刊行年月 1996.4
ページ数 341p
大きさ 26cm
ISBN 4787803395
NCID BN14438708
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96070643
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想