ドイツ論  3 (哲学と宗教)

スタール夫人 著 ; エレーヌ・ド・グロート [ほか]訳

動乱の時代を生きた女性の熱き思い。精神と自然の荒廃がすすんだ現代に放たれた矢。古典的名著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 哲学と道徳(哲学について
  • イギリス哲学
  • フランス哲学
  • ある種の哲学が導入した揶揄
  • ドイツ哲学概観 ほか)
  • 宗教と精神の高揚(ドイツにおける宗教の概説
  • プロテスタント
  • モラビア教徒の信仰
  • カトリック
  • 神秘主義と呼ばれる宗教的立場 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ドイツ論
著作者等 De Groote, Hélène
Groote, Hélène de
Staël, Madame de
Staël-Holstein, Anne Louise Gèrmaine (Necker), baronne de
De Groote H'el`ene
MME DE STAEL
Mme de Sta¨el
ド・グロート エレーヌ
中村 加津
大竹 仁子
梶谷 温子
スタール夫人
書名ヨミ ドイツ ロン
書名別名 De l'Allemagne

哲学と宗教
巻冊次 3 (哲学と宗教)
出版元 鳥影社
刊行年月 1996.3
ページ数 369p
大きさ 20cm
ISBN 4795275866
NCID BN1443716X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96044730
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想