フロイトの書き方

パトリック・J.マホーニィ 著 ; 北山修 監訳

誰もが一読しただけで中身に引き込まれるのは、言語学からの精神分析理解とフロイトの文学性とを結びつける著者の博学と学識のせいだけではない。フロイトの著作と同様に、本書も実に多義的存在であり、それが読む者に快楽をもたらすからだ。『トーテムとタブー』、『快感原則の彼岸』、『精神分析入門』、『不気味なもの』、『夢判断』といった作品が舞台となり、フロイトが主人公の物語が展開するところでは、まるで「戯曲」であり、同時にまた、シャーロック・ホームズがフロイトの謎を読み解く「推理小説」のようでもあり、フロイディア世界の「旅行案内書」でもある。そして、もちろん、"フロイトの著作を読むことが精神分析体験そのものとなるのだ"と主張する、精神の科学のための第一級の専門書となっている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 フロイトが書いたものの広がり-概観
  • 2 実例としての二つのテクスト
  • 3 観客に十分に訴えかけること
  • 4 確実さの割合
  • 5 比喩的言語の源泉
  • 6 文体の働き
  • 7 理論とその人
  • 8 後記-精神分析的にフロイトを読むこと

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 フロイトの書き方
著作者等 Mahony, Patrick
北山 修
島田 凉子
鈴木 瑞実
Mahony Patrick J.
マホーニィ パトリック J.
書名ヨミ フロイト ノ カキカタ
書名別名 Freud as a writer. expanded ed
出版元 誠信書房
刊行年月 1996.4
ページ数 251p
大きさ 22cm
ISBN 4414402611
NCID BN14420633
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96055514
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想