英国文化の世紀  5 (世界の中の英国)

松村昌家 ほか編

「英国文化の世紀」のしめくくりとして構成された本巻は、1880年代から1920年代までを視野に入れて、その間の大英帝国の文化の諸現象を探る。歴史的区分としてのヴィクトリア時代を越えて、この時代の余韻に耳を傾け、その「日の名残り」を眺望することが、意図されている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 ジュビリー・イアーズ-帝国の祭典
  • 2章 タンホイザー伝説-異端者の系譜
  • 3章 フェビアン協会-多様性の統一
  • 4章 ナショナル・トラスト運動の歩み
  • 5章 「新しい女」の誕生
  • 6章 大西洋の両岸で-アメリカ人の英国観
  • 7章 漱石とイギリス-留学体験を中心に
  • 8章 インドへの二つの道-キプリングとフォースター
  • 9章 ロレンスの文学思想-イングリッシュリーを求めて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 英国文化の世紀
著作者等 升本 匡彦
富士川 義之
小畠 啓邦
山内 久明
川本 静子
木畑 洋一
村岡 健次
松村 昌家
越智 武臣
長島 伸一
高橋 和久
書名ヨミ エイコク ブンカ ノ セイキ
書名別名 世界の中の英国
巻冊次 5 (世界の中の英国)
出版元 研究社
刊行年月 1996.5
ページ数 238p
大きさ 22cm
ISBN 4327352055
NCID BN14407861
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96074493
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想