マルクス主義と人類学

モーリス・ブロック 著 ; 山内昶, 山内彰 訳

人類社会のトータルな把握をめぐってマルクス主義と人類学が相互に多大の影響を与えつつ展開してきた100年間にわたる論争とその主要な論点を詳細に跡づけ、停滞する社会・人類学理論に新鮮な息吹を吹きこむとともに、人類社会の歴史的変化の一般理論を模索する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 人類学とマルクス・エンゲルスの仕事
  • 2 人類学をめぐるマルクスとエンゲルス
  • 3 マルクス・エンゲルス人類学の今日的位置
  • 4 マルクス・エンゲルスの直接の後継者
  • 5 マルクス主義とアメリカ人類学
  • 6 マルクス主義と英仏人類学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 マルクス主義と人類学
著作者等 Bloch, Maurice
山内 彰
山内 昶
ブロック モーリス
書名ヨミ マルクス シュギ ト ジンルイガク
書名別名 Marxism and anthropology

Marukusu shugi to jinruigaku
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 532
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1996.6
ページ数 237, 9p
大きさ 20cm
ISBN 4588005324
NCID BN14406155
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97005921
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想