中野重治評論集

林淑美 編

日本の20世紀を生きた最大の、そして最も問題的な文学者の評論選。戦前・戦中・戦後を一貫して、つねに「人間的」でありつづけた批評意識と、具体的なものに向けて言葉をただす文学の力の稀有な展開を一冊に。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 風習の考え方
  • 控え帳 一
  • 「文学者に就て」について-貴司山治へ
  • 警察官について
  • 結核予防週間について
  • 控え帳 七
  • 閏二月二十九日
  • 文学における新官僚主義
  • 「白衣作業」ノート
  • 探求の不徹底-『生活の探求』を読む〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中野重治評論集
著作者等 中野 重治
林 淑美
書名ヨミ ナカノ シゲハル ヒョウロンシュウ
書名別名 Nakano shigeharu hyoronshu
シリーズ名 平凡社ライブラリー 147
出版元 平凡社
刊行年月 1996.5
ページ数 566p
大きさ 16cm
ISBN 458276147X
NCID BN14384915
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96069556
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想