低開発国の社会主義移行に関する研究 : 中央アジアのソビエト化と近代化との関係

中東調査会編

[目次]

  • 目次
  • はしがき
  • 第一編 風土と歴史 / p1
  • 一 範囲 / p1
  • 二 風土 / p1
  • 三 住民 / p2
  • 四 特殊性 / p4
  • 第二章 中央アジアの歴史的沿革 / p6
  • 一 先史時代 / p6
  • 二 古代 / p6
  • 三 イスラム時代 / p8
  • 四 ロシア帝国の征服 / p10
  • 第二編 中央アジアのソビエト化と経済発展 / p19
  • 第三章 中央アジアのソビエト化 / p19
  • 一 総説 ソビエト化過程一般 / p19
  • 二 各説 / p27
  • 第四章 中央アジアの経済開発の現状 / p76
  • 一 総説 / p76
  • 二 各説 / p83
  • 第五章 中央アジアの国防的価値 / p165
  • 一 概説 / p165
  • 二 革命以前シベリア鉄道開通まで / p165
  • 三 帝政ロシア時代 / p166
  • 四 ロシア革命以後第二次大戦終了まで / p166
  • 五 最近における中央アジアの国防的価値 / p167
  • 第六章 ソビエトの中央アジア諸民族に対する政策 / p170
  • 一 民族政策 / p170
  • 二 言語政策 / p182
  • 三 宗教政策 / p188
  • 第七章 東方民族研究所の実態 / p198
  • 第三編 中央アジアと外部との比較 / p203
  • 第八章 中央アジアと外蒙(タンヌ・トバ)とのその比較 / p203
  • 一 蒙古人民共和国 / p203
  • 二 タンヌ・トバとの比較 / p207
  • 三 新彊との比較 / p210
  • 第九章 中央アジアと東ヨーロツパ(ユーゴをふくむ)との比較 / p216
  • 一 地域的差異 / p216
  • 二 政治・経済体制の基本的相違 / p218
  • 第四編 ソビエトの開発政策 / p229
  • 第十章 中央アジアと中東諸国の近代化の比較 / p229
  • 一 近代化をめぐる諸条件の異同 / p229
  • 二 社会・経済・政諸局面の近代化の進度の比照 / p232
  • 第十一章 ソビエトの対低開発後進国理論の原理と限界 / p237
  • 一 ソビエトの低開発進理論 / p237
  • 二 ソビエトの対低開発後進国政策とその限界 / p246
  • 第十二章 ソビエトの対圏外経済援助と対翁内経済援助の基本的差異 / p252
  • 一 ソビエト援助方式の原則 / p252
  • 二 共産圏内におけるソビエト経済授助の実情 / p258
  • 第十三章 アメリカとソビエト・マルクス主義との対低開発後進国政策の比較 / p283
  • 一 アメリカとソビエトの後進国援助政策の対立点 / p283
  • 二 アメリカの低開発国援助理論の方向 / p286
  • 三 ソビエトの低開発国援助理論の方向 / p287
  • 四 アメリカとソビエトの低開発後進国援助理論の根拠と適性 / p289
  • 第五編 ソビエト化と近代化とに関する綜合的結論 / p297
  • 第十四章 ソビエト化と近代化について / p297
  • 第十五章 経済競争におけるソビエトの効率 / p315
  • 第十六章 対低開発後進国政策からみたソビエトの将来的測定 / p325
  • 附録一 低開発後進国関係機関一覧 / p336
  • 附図1 中央アジアと砂漠

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 低開発国の社会主義移行に関する研究 : 中央アジアのソビエト化と近代化との関係
著作者等 中東調査会
書名ヨミ テイカイハツコク ノ シャカイ シュギ イコウ ニ カンスル ケンキュウ : チュウオウ アジア ノ ソビエトカ ト キンダイカ トノ カンケイ
書名別名 Teikaihatsukoku no shakai shugi iko ni kansuru kenkyu
出版元 中東調査会
刊行年月 1964
ページ数 358p 地図9枚
大きさ 25cm
NCID BN14373191
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
64007239
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想