北欧の自然と生業

K.ハストロプ 編 ; 熊野聡 ほか訳

北欧の深い森林の中で、半島を巡る海洋で、北欧人はどのようにして生業を営み、文化を育んできたのか。牧畜と農耕に北欧を分別する境界線「リーメス・ノルランディクス」と「セーテル」経営。北方森林地帯で営まれる「エルイェマルク文化」。「バルト海型北欧」と「大西洋型北欧」。運に左右される北欧経済。海洋に生きる書かれざる女達の活躍等、様々な概念装置を通し、北欧の生業と文化の形を叙述する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • BRODET=糧(「夏の北欧」と「冬の北欧」
  • 土の実り
  • 森の国
  • 運に左右される経済)
  • HAVET=海(バルト海型北欧と大西洋型北欧
  • 船員の海
  • 漁民の海
  • 女の海)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 北欧の自然と生業
著作者等 Hastrup, Kirsten
早野 勝巳
清水 育男
熊野 聡
ハストロプ キアステン
書名ヨミ ホクオウ ノ シゼン ト セイギョウ
書名別名 Den nordiske verden
シリーズ名 北欧社会の基層と構造 2
出版元 東海大学出版会
刊行年月 1996.5
ページ数 210p
大きさ 22cm
ISBN 4486013611
NCID BN1437236X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97022798
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 デンマーク語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想