初期のジャズ : その根源と音楽的発展

ガンサー・シューラー 著 ; 湯川新 訳

リズムはアフリカから、和声と旋律は西欧音楽から…という粗雑な一般論を排して、リズム、形式、和声、旋律、音色、即興の諸側面から、ジャズのアフリカ的成分を追跡。さらに、ジャズとアフリカ音楽、西欧音楽の相互比較を通じて、ジャズ独自の音楽言語とは何かを明らかにするとともに、起源から1930年代におよぶ代表的作品を徹底的に聴き込み・分析して、わずか一世紀に満たない期間に達成されたジャズの驚異的な変容の過程をあとづける。譜例多数収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 起源
  • 第2章 端緒
  • 第3章 最初の偉大なソロイスト
  • 第4章 最初の偉大な作曲家
  • 第5章 20年代の巨匠的演奏家
  • 第6章 ビッグ・バンド
  • 第7章 デューク・エリントンのスタイル

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 初期のジャズ : その根源と音楽的発展
著作者等 Schuller, Gunther
湯川 新
シューラー ガンサー
書名ヨミ ショキ ノ ジャズ
書名別名 Early jazz

Shoki no jazu
シリーズ名 りぶらりあ選書
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1996.5
ページ数 571p
大きさ 20cm
ISBN 4588021702
NCID BN14368373
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97006303
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想