分子人類学と日本人の起源

尾本恵市 著

遺伝子のデータで人類の進化や変異を研究する「分子人類学」は形を扱う伝統的な自然人類学とどのように違うのか、人類そのものや日本人の起源の問題を扱うとき、それはどのような点で有効なのか、などの点について説明します。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 分子人類学の台頭
  • 2章 生物としての人類の歴史
  • 3章 分子人類学と現代人の系統
  • 4章 日本人の起源

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 分子人類学と日本人の起源
著作者等 尾本 恵市
遺伝学普及会
遺伝学普及会編集委員会
書名ヨミ ブンシ ジンルイガク ト ニホンジン ノ キゲン
書名別名 Bunshi jinruigaku to nihonjin no kigen
シリーズ名 ポピュラーサイエンス
出版元 裳華房
刊行年月 1996.5
ページ数 188p
大きさ 19cm
ISBN 478538638X
NCID BN14365954
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96069196
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想