パン

安達巌 著

日本のパン食文化のルーツを探る。史料と伝承をもとに、古代オリエントに起ったパン食文化が中国・朝鮮を経て約2000年前に出雲朝廷にもたらされたことを解明し、西洋伝来とされてきたわが国のパン食文化が、じつに2000年の歴史と伝統をもつことを説く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • パンは神代に伝来した
  • 麺から餅への変遷
  • 文献にみる古代中国のパン
  • 東アジア風パン道の起源
  • オリエントから倭人の島への道
  • 弥生時代に伝来した胡餅文化
  • 古代パン食文化の種々相
  • 善哉餅の古名は神在餅
  • 碾磑と胡餅の伝来事情
  • イランのパンが煎餅に化ける〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 パン
著作者等 安達 巌
書名ヨミ パン
書名別名 Pan
シリーズ名 ものと人間の文化史 80
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1996.5
ページ数 251p
大きさ 20cm
ISBN 4588208012
NCID BN1436272X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97005914
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想