国家のなかの民族

綾部恒雄 編著

本書は、1990年の6月から1992年の3月までの3年間にわたって、日本側6人、東南アジア側(マレーシア、タイ)2人の人類学研究者によって行われた、「東南アジアにおける国民国家の形成とエスニシティとの係わりに関する文化人類学的研究」に関する実態調査をもとに編まれたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 東南アジアにおける国民国家の形成とエスニシティ
  • 2 タイ国における黒タイ族の"民族"的位相
  • 3 東北タイのラオス・ベトナム系カトリック教徒におけるエスニシティ
  • 4 民族の存続にむけた戦略
  • 5 国家と個人のはざまで
  • 6 フィリピン・マラナオ社会における慣習・国家・イスラーム
  • 7 スルー海域のサマ族
  • 8 インドネシア国家におけるバリ
  • 9 インドネシアの母系社会における国家とエスニシティ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国家のなかの民族
著作者等 綾部 恒雄
書名ヨミ コッカ ノ ナカ ノ ミンゾク
書名別名 東南アジアのエスニシティ

Kokka no naka no minzoku
出版元 明石書店
刊行年月 1996.4
ページ数 321p
大きさ 20cm
ISBN 4750308013
NCID BN14359248
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97003162
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想