発達障害児の病理と心理

西村学, 小松秀茂 共編

本書はまず、発達とは何か、障害とは何かを明確にしたうえで、障害の諸要因、発達過程、早期対応等について、知覚、運動等のテーマに分けて解説し、代表的な病理に関しても詳説する。さらに、国際的な運動であるノーマライゼーションの実現や国連の活動等、障害児教育の社会的動向にもふれ、興味深い内容となっている。大学、短期大学、専門学校等における養護学校教員養成課程の学生、あるいは養護学校教員の資格を得ようとしている教員のための教科書・参考書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 発達と障害
  • 障害を生起させる諸要因
  • てんかんの病理と発達障害
  • 障害の発見と早期対応
  • 障害児と発達診断
  • 障害児の発達過程
  • 知覚の発達と障害
  • 運動の発達と障害
  • 思考の発達と障害
  • 言語の発達と障害〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 発達障害児の病理と心理
著作者等 小松 秀茂
西村 学
書名ヨミ ハッタツ ショウガイジ ノ ビョウリ ト シンリ
シリーズ名 障害児教育シリーズ 3
出版元 培風館
刊行年月 1996.4
ページ数 175p
大きさ 21cm
ISBN 4563057789
NCID BN14333324
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96063309
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想