西行 : 草庵と旅路に歌う

久保田淳 著

「ねがはくは花のしたにて春しなんそのきさらぎのもち月のころ」の歌をそのままに大往生した西行は花と月を愛し、仏道信仰に生きた風流僧として多くの人々に愛され、偶像化されている。本書は、その西行像に疑問を感じ、西行の作品や同時代の資料を縦横に使って、生身の人間西行を描き出した意欲作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 誕生
  • 父系と父
  • 母方の祖父と母
  • 子女
  • 延臣時代
  • 出家前の義清
  • 出家
  • 出家直後の彷徨
  • 僧房での詠歌
  • 初度陸奥の旅〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 西行 : 草庵と旅路に歌う
著作者等 久保田 淳
書名ヨミ サイギョウ
シリーズ名 日本の作家 16
出版元 新典社
刊行年月 1996.4
ページ数 326p
大きさ 19cm
ISBN 478797016X
NCID BN14322940
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96063699
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想