誤報 : 新聞報道の死角

後藤文康 著

新聞の歴史上、誤報は繰り返され、今日、市民生活を侵し、世論を誤らせる危険はむしろ高まっている。それはなぜか。誤報は根絶できないのか。関東大震災下の「朝鮮人蜂起」から「松本サリン事件」まで多数の実例をあげ、元新聞記者・紙面審議会委員としての経験から、誤報の原因と過程を分析。防止策、善後策、さらに「護身術」を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 犯罪報道の深み
  • 第2章 「第一歩」の重さ
  • 第3章 世論を動かす危うい力
  • 第4章 「虚報」の闇
  • 第5章 誤報の行方

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 誤報 : 新聞報道の死角
著作者等 後藤 文康
書名ヨミ ゴホウ
書名別名 Goho
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1996.5
ページ数 209p
大きさ 18cm
ISBN 4004304466
NCID BN14322838
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96071751
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想