心理学者がみた阪神大震災 : 心のケアとボランティア

城仁士 ほか編

[目次]

  • 第1部 事実編-心のケアとボランティア(ボランティアと避難所の組織化
  • ボランティアを組織するボランティア
  • 被災者の心理的ストレスと不安
  • 災害後の幼児と母親のストレス)
  • 第2部 メッセージ編-心理学者が見た阪神大震災(被災した子ども・母親、災害研究者に必要なもの
  • ヒューマンネットワークの重要性
  • これからの災害救援
  • 震災に思う心理学者の陥穽)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 心理学者がみた阪神大震災 : 心のケアとボランティア
著作者等 城 仁士
小花和 尚子
杉万 俊夫
渥美 公秀
書名ヨミ シンリガクシャ ガ ミタ ハンシン ダイシンサイ
出版元 ナカニシヤ
刊行年月 1996.2
ページ数 250p
大きさ 19cm
ISBN 4888483019
NCID BN14320093
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96058850
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想