日本型鉄鋼システム : 危機のメカニズムと変革の視座

十名直喜 著

本書は、まず日本型鉄鋼システムとは何かについて、その全体像と基本的特徴を理論的かつ歴史的に整理している。次に、労使関係の側面から、鉄鋼労働者像の多様な側面をふまえながら、戦後50年という総括的視点に立って、構造的、歴史的にとらえなおす。最後に、日本型鉄鋼システムが内外環境の激変のもとで、どのような矛盾に直面し変容しているかに目を向ける。そして、それがどのように再編されようとしているか、その方向性をどう評価するかについて、システム的な視点から整理している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 日本型鉄鋼システムのパラダイム(日本型鉄鋼システムの構造と機能
  • 日本型鉄鋼システムの形成・確立
  • 日本型鉄鋼システムと業界団体)
  • 第2部 日本鉄鋼業の労使関係と鉄鋼労働者像(日本の鉄鋼労働者像
  • 日本型鉄鋼労使関係論
  • 鉄鋼労使関係の歴史的変遷)
  • 第3部 転換期の日本型鉄鋼システム(日米鉄鋼システム比較の視点-米国鉄鋼業における発展、衰退、再生の構造と力学
  • 日本型鉄鋼システムの変容と再編
  • 総括と課題)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本型鉄鋼システム : 危機のメカニズムと変革の視座
著作者等 十名 直喜
書名ヨミ ニホンガタ テッコウ システム : キキ ノ メカニズム ト ヘンカク ノ シザ
書名別名 Nihongata tekko shisutemu
出版元 同文舘
刊行年月 1996.4
ページ数 259p
大きさ 22cm
ISBN 4495360213
NCID BN14292806
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98003652
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想