行政法学の構造的変革

大橋洋一 著

本書は、行政法学を支えてきた「法学的方法」という呪縛から解放されて、もう一度隣接諸科学との積極的なコミュニケーションを図ること、現実の日本社会で生起する行政現象を自由な目で捉え問題発見に努めること、その上で開かれた議論を通じて新たな法システムの構築に努めることを二一世紀の行政法学の課題として提示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 行政法学方法論
  • 2 行政過程の法動態分析
  • 3 給付行政の刷新-市民の立場に立った行政活動
  • 4 行政法学の学際化と国際化

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 行政法学の構造的変革
著作者等 大橋 洋一
書名ヨミ ギョウセイホウガク ノ コウゾウテキ ヘンカク
出版元 有斐閣
刊行年月 1996.4
ページ数 336p
大きさ 22cm
ISBN 4641128189
NCID BN14292624
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96070401
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想