精密加工の最先端技術 : 「超」への道のりとその手法

日本学術振興会第136委員会 編

情報・通信、宇宙・航空、運輸、医療、バイオテクノロジーなどの高度先端技術の分野において、各機器の必要精度はますます高まり、それをクリアするためには超精密加工技術の採用が必須の条件となっている。本書は超精密化が現状どこまで可能になっているかを解説するとともに、その歴史的背景や「超」をめざした研究のプロセスにも眼を向け、技術開発の方向や手法を考えるためのヒントを提供している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 日本の超精密加工技術発展の歴史
  • 超精密加工はどのように進んできたか
  • 「精密」のこと
  • 超精密加工はどこまで可能か
  • モノづくりの変遷と今後の超精密生産技術への期待

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 精密加工の最先端技術 : 「超」への道のりとその手法
著作者等 日本学術振興会
日本学術振興会第136委員会
書名ヨミ セイミツ カコウ ノ サイセンタン ギジュツ
書名別名 Seimitsu kako no saisentan gijutsu
出版元 工業調査会
刊行年月 1996.3
ページ数 329p
大きさ 22cm
ISBN 4769321244
NCID BN14284342
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97037321
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想