近世鉱山社会史の研究

荻慎一郎 著

[目次]

  • 目次
  • 序 / p1
  • I部 支配・経営 / p10
  • 第一章 大葛金山の研究-一七世紀~一八世紀中葉を中心に- / p10
  • はじめに / p10
  • 第一節 大葛金山の地理的位置 / p10
  • 第二節 一七世紀前半の大葛金山 / p13
  • 第三節 一七世紀後半~一八世紀前半の大葛金山 / p18
  • 第四節 寛延・宝暦期の大葛金山と秋田藩の鉱山支配 / p25
  • むすびにかえて / p37
  • 第二章 近世後期における鉱山経営-秋田藩領大葛金山の研究- / p44
  • はじめに / p44
  • 第一節 支配形態 / p44
  • 第二節 生産高の動向 / p55
  • 第三節 経営の動向と構造 / p67
  • 1 経営収支 / p67
  • 2 経営構造 / p94
  • むすびにかえて / p110
  • 第三章 近世中期(一八世紀)における秋田藩領金銀山-院内銀山を中心に- / p125
  • はじめに / p125
  • 第一節 諍山・掘分山・受山 / p125
  • 第二節 産銀の引き替制と流通統制 / p141
  • 第三節 一八世紀後半の院内銀山 / p152
  • おわりに / p165
  • 第四章 天保年間における院内銀山経営 / p169
  • はじめに / p169
  • 第一節 経営の概況 / p172
  • 第二節 金名子「経営」 / p176
  • おわりに / p187
  • II部 労働組織・闘争・技術 / p193
  • 第五章 近世後期における鉱山労働者の闘争-秋田藩領大葛金山を中心に- / p193
  • はじめに / p193
  • 第一節 鉱山労働者の存在形態 / p194
  • 1 給与体系 / p194
  • 2 金名子「経営」の実態 / p197
  • 第二節 鉱山労働者の闘争 / p203
  • 1 嘉永元年の金名子・地大工出奔闘争 / p204
  • 2 嘉永六年の投文事件と出奔闘争 / p206
  • むすびにかえて-院内銀山の事例 / p218
  • 第六章 南部鉄山における生産組織と労働組織 / p233
  • はじめに / p233
  • 第一節 生産組織 / p233
  • 1 管理組織 / p233
  • 2 生産組織 / p239
  • 第二節 労働組織 / p242
  • 1 労働組織 / p242
  • 2 労働者の性格①給与体系②闘争 / p247
  • むすび / p262
  • 第七章 東北地方における鉄山支配とたたら製鉄 / p273
  • はじめに / p273
  • 第一節 近世前期における鉄山支配と職人の統制 / p276
  • 1 奥羽諸藩の製鉄業 / p276
  • 2 仙台藩の鉄山支配 / p281
  • 第二節 近世後期における鉄山支配と技術 / p289
  • 1 生産規模の拡大と鉄山支配 / p289
  • 2 近世後期における製鉄技術 / p293
  • おわりに / p312
  • 第八章 近世後期における院内銀山の銀製錬技術 / p321
  • はじめに / p321
  • 第一節 銀製錬技術 / p321
  • 第二節 銀製錬の生産・労働組織 / p331
  • 第三節 明治初年の技術改革と金名子製銀体制の解体 / p341
  • 第九章 近世における院内銀山の金生産-金銀吹分法の技術伝播- / p348
  • はじめに / p348
  • 第一節 院内銀山の金銀吹分法と金生産 / p349
  • 第二節 金銀吹分法の導入と定着 / p355
  • おわりに / p359
  • 補論(一)院内銀山の金生産と金銀吹分法 / p365
  • 補論(二)近世製鉄史に関する一覚書 / p380
  • III部 鉱山社会 / p390
  • 第一〇章 近世鉱山法の研究 / p390
  • はじめに / p390
  • 第一節 基本法としての制札 / p390
  • 1 近世初期の制札 / p390
  • 2 宝永~享保年間(一八世紀前半)の院内銀山制札 / p392
  • 3 近世後期の制札 / p394
  • 第二節 個別法 / p401
  • 第三節 山法 / p407
  • 第四節 慣習 / p416
  • むすびにかえて / p422
  • 第一一章 近世後期における金山の生産工程と住民構成 / p427
  • はしがき / p427
  • 第一節 生産工程 / p427
  • 第二節 住民構成 / p432
  • 第一二章 近世における鉱山労働者の「入寺」慣行 / p446
  • 第一節 山法と「入寺」 / p446
  • 第二節 誤証文 / p448
  • 第三節 寺院と「入寺」訴訟 / p450
  • 第四節 幕末鉱山労働者の闘争と「入寺」訴訟 / p456
  • 第五節 藩法と「入寺」訴訟 / p460
  • 第一三章 鉱山町の社会生活-近世後期の院内銀山- / p467
  • はじめに / p467
  • 第一節 日記にみられる年中行事 / p467
  • 第二節 結婚・出産・離婚の一事例 / p477
  • むすびにかえて / p481
  • 補論(三)門屋養安と院内銀山 / p487

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 近世鉱山社会史の研究
著作者等 荻 慎一郎
荻愼一郎
書名ヨミ キンセイ コウザン シャカイシ ノ ケンキュウ
書名別名 Kinsei kozan shakaishi no kenkyu
出版元 思文閣
刊行年月 1996.2
ページ数 632, 19p
大きさ 22cm
ISBN 478420900X
NCID BN14272048
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96057531
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想