プラトンのイデア論

ウィリアム・デイヴィッド・ロス 著 ; 田島孝, 新海邦治 訳

本書の全体を通じて、著者は終始客観的で実証的な研究態度を貫いていて、イデア論に対する特殊な思い入れや、まして偏見のたぐいとは完全に無縁である。そこには鋭い理論的分析と厳密な文献学的研究の豊かな見本がある。イデア論の全体像。プラトン哲学思想の核心イデア論の解明のための必読書。今世紀最大のギリシア哲学研究者の一人であるロスの名著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 対話篇の順序
  • イデア論の端緒
  • 『パイドン』
  • 『国家』と『パイドロス』
  • 『パルメニデス』と『テアイテトス』
  • 『ソピステス』と『政治家』
  • 『ティマイオス』と『ピレボス』
  • 『法律』と『第七書簡』
  • プラトンの「書かれざる教説」
  • アリストテレスによるプラトンの初期教説の説明〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 プラトンのイデア論
著作者等 Ross, W. D.
Ross, William David
新海 邦治
田島 孝
Ross W.D.
ロス ウィリアム・デイヴィッド
書名ヨミ プラトン ノ イデアロン
書名別名 Plato's theory of ideas. (2nd ed.)
出版元 晢書房 : 理想社
刊行年月 1996.3
ページ数 388p
大きさ 20cm
ISBN 4915922251
NCID BN14261256
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98049700
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想