英語科教育を変える6章 : インプット理論からのメッセージ

森永正治 著

変わりつつある我が国の英語科教育にインプット理論の果たす役割には大いに期待されるところがある。そこで、ここ数年来のインプット理論の研究と実践を通してだんだんと確信を持てるようになってきた事柄を、英語科教育のいくつかの基本的な諸相に関連してまとめる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 インプット理論概説
  • 第1章 Why?何のための英語科教育か
  • 第2章 What?どんな英語を教えるのか
  • 第3章 How?どのように教え評価するか
  • 第4章 Who?英語教師に求められる資質は何か
  • 第5章 Whom?学習者を英語嫌いにするもの
  • 第6章 When&Where?どんな制度上の問題があるか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 英語科教育を変える6章 : インプット理論からのメッセージ
著作者等 森永 正治
書名ヨミ エイゴカ キョウイク オ カエル ロクショウ
シリーズ名 英語教師叢書
出版元 大修館書店
刊行年月 1996.3
ページ数 218p
大きさ 19cm
ISBN 4469243795
NCID BN1425262X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97041911
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想