教育心理学  1 (発達と学習指導の心理学)

大村彰道 編

本書は、発達と学習、学習指導を中心にまとめたので、発達に関しては、認知発達と言語発達の研究に限定した。教職の授業の教科書として使われることを目指してはいるが、心理学を専攻する学生や大学院生にも役立つ内容になっている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 認知の発達
  • 第2章 言語の発達
  • 第3章 数概念の発達と算数・数学の学習
  • 第4章 科学的認識・社会的認識の学習と教育
  • 第5章 記憶と文章理解
  • 第6章 推理と問題解決
  • 第7章 学習の基礎としての条件づけ
  • 第8章 動機づけ
  • 第9章 個人差と学習指導法
  • 第10章 授業における教授・学習過程
  • 第11章 コンピュータによる学習指導
  • 第12章 教育評価

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 教育心理学
著作者等 大村 彰道
吉田 甫
山 祐嗣
秋田 喜代美
荻野 美佐子
子安 増生
書名ヨミ キョウイク シンリガク
書名別名 発達と学習指導の心理学
巻冊次 1 (発達と学習指導の心理学)
出版元 東京大学出版会
刊行年月 1996.4
ページ数 263p
大きさ 21cm
ISBN 4130520725
NCID BN14248349
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96072040
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想