国際関係論 : 歴史的視点から

広岡隆 著

国際関係論は、激動の20世紀が産み出した新しい学問である。本書は、この時代の国際関係の変動を、歴史的視点からヴィヴィッドに描き出している。時事用語、ユーモラスな比喩や諺を交えた行間から、私たちは、人類の平和に対する希求、現代の国際政治をみる新たな視角を読みとることができる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 国際関係論の研究課題
  • 第2章 20世紀における『戦争と平和』
  • 第3章 国際社会における日本の歩み
  • 第4章 欧州統合の発展

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国際関係論 : 歴史的視点から
著作者等 広岡 隆
書名ヨミ コクサイ カンケイ ロン
書名別名 Kokusai kankei ron
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 1996.4
ページ数 241, 7p
大きさ 22cm
ISBN 4623026477
NCID BN14248280
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97044813
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想