投資信託の仕組みと改革

杉崎博 著

日本とアメリカの最新の動きと将来。投資信託に革命的変化が起こる。投資信託・証券・銀行・信託銀行・投資顧問・生損保・ベンチャーキャピタル関係者必読書。本書は、筆者が日本投資信託制度研究所に在籍していたとき、アァンド・マネジャーの研修会や新入社員の研修会で講義した内容をベースに、新たに法の改正問題および会社型投資信託の問題などを加筆してまとめたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 投資信託の更なる発展のために
  • 第1章 投資信託の基本的仕組み
  • 第2章 投資信託法制の変遷
  • 第3章 証券投資信託法の投資信託
  • 第4章 信託契約と投資信託約款
  • 第5章 受益証券の発行と販売
  • 第6章 信託財産の運用
  • 第7章 委託会社の義務
  • 第8章 受託会社の業務
  • 第9章 指定証券会社と証券投資信託協会
  • 第10章 アメリカの投資会社法
  • 終章 投資信託法の改正と会社型投資信託

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 投資信託の仕組みと改革
著作者等 杉崎 博
書名ヨミ トウシ シンタク ノ シクミ ト カイカク
出版元 東洋経済新報社
刊行年月 1996.4
ページ数 193p
大きさ 21cm
ISBN 4492731210
NCID BN14241022
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96057197
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想