うるしの話

松田権六 著

[目次]

  • 目次
  • 第一部 漆と漆芸
  • 一 日本の漆芸の伝統 / p2
  • 二 漆--そのふしぎな樹液 / p20
  • 1 漆の木とその栽培
  • 2 漆液の採集
  • 3 塗料になるまで
  • 4 漆のいろいろな特性
  • 三 漆器の材料と塗り方 / p51
  • 四 蒔絵を語る--漆器の装飾(一) / p60
  • 1 蒔絵手法のいろいろ
  • 2 蒔絵法によらない装飾
  • 3 蒔絵を仕上げるまで
  • 4 蒔絵の道具
  • 五 螺鈿・平文・彫漆--漆器の装飾(二) / p105
  • 1 螺鈿と平文
  • 2 彫漆のいろいろ
  • 六 日本各地の漆芸 / p127
  • 第二部 漆とともに六十年
  • 一 私の修業時代 / p156
  • 二 楽浪漆器修理の経験 / p168
  • 三 蒔絵万年筆の創始とその影響 / p179
  • 四 現代建築の漆芸装飾 / p186
  • 五 船内塗装の経験 / p190
  • 六 今日の漆芸 / p202
  • あとがき / p211

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 うるしの話
著作者等 松田 権六
書名ヨミ ウルシ ノ ハナシ
書名別名 Urushi no hanashi
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1964
版表示 3刷
ページ数 212p 図版
大きさ 18cm
ISBN 4004140722
NCID BN01487788
BN14227032
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
65000915
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想