歴史のなかの「癩者」

藤野豊 編著

「らい予防法」廃止の行方をみすえながら、歴史のなかにハンセン病患者の存在を深く刻み込むという、未踏の領野に挑んだ待望の労作。なぜハンセン病患者は差別されたのか。本書は、古代から現代までの患者の生活、治療、救済と対策、そして差別の実態を通観するなかから、ハンセン病患者のいのちの軌跡を浮かびあがらせる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 古代・中世の「癩者」と宗教
  • 第2章 近世癩病観の形成と展開
  • 第3章 隔絶のなかのハンセン病患者
  • 第4章 「戦後民主主義」のなかのハンセン病患者
  • 第5章 法的差別の撤廃に向けて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 歴史のなかの「癩者」
著作者等 小林 茂文
後藤 悦子
藤野 豊
鈴木 則子
書名ヨミ レキシ ノ ナカ ノ ライシャ
出版元 ゆみる
刊行年月 1996.4
ページ数 270p
大きさ 21cm
ISBN 494650902X
NCID BN14189567
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96057452
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想