支那原始社会形態

井上芳郎 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 一 序論 / 1
  • 本著作に於ける方法並に、方法論的覺え書 / 3
  • ものゝ見方、考へ方 / 16
  • 論理の形式 / 18
  • 觀念形態論と知識社會學 / 64
  • ものゝ考へ方としての社會學史 / 86
  • 二 支那原始社會形態總論 / 135
  • 古代邦國觀念に於ける領域的並血族的原始形 / 137
  • 村落社會と其統制機構 / 145
  • 血族集團と其統制機構 / 159
  • 婚姻制度 / 171
  • 相續制度 / 176
  • 原始的信仰 / 181
  • 原始社會の分裂過程 / 197
  • 奴隷の原始的意義 / 201
  • 公と私 / 203
  • 血族社會と村落社會、其經濟機構 / 206
  • 井田制 / 212
  • 封建制度の成立と其過程 / 220
  • 三 原始的血族制の崩壞過程 / 233
  • 淸朝時代までの大家族制の殘存記錄 / 235
  • 先秦以後の家族制度的變遷と法制の關係 / 238
  • 原始血族制崩壞過程概說(一) / 244
  • 同(二) / 254
  • 中華民國の民法に於ける家族 / 259
  • 居住樣式と家族制度の關係 / 266
  • 現代小村落の構成 / 272

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 支那原始社会形態
著作者等 井上 芳郎
書名ヨミ シナ ゲンシ シャカイ ケイタイ
書名別名 Shina genshi shakai keitai
出版元 岡倉書房
刊行年月 昭14
ページ数 276p
大きさ 23cm
NCID BN1418584X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46056696
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想