対話型審理 : 「人間の顔」の見える民事裁判

井上正三 ほか編

「人間の顔」の見える民事裁判とは。紛争処理制度としての民事裁判が「このままではいけない」という切実な思いが、多くの人々に共有され始めたのである。どういう羅針盤のもとに、改革の船を具体的にどう進めるべきか。「Nコート手続」は、「対話型審理」を文字通り実行するものであった。これを学問の側がどう受けとめるか。対話型裁判手続の解明。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 ゆらぐ時代の民事裁判
  • 第2部 対話型審理の実践-民事裁判手続シンポジウム
  • 第3部 対話型審理の技法と理論
  • 第4部 裁判と法律家への提言

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 対話型審理 : 「人間の顔」の見える民事裁判
著作者等 井上 正三
井上 治典
高橋 宏志
書名ヨミ タイワガタ シンリ
出版元 信山社
刊行年月 1996.2
ページ数 401p
大きさ 22cm
ISBN 4797220465
NCID BN14177466
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97022861
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想