持続的農村の形成 : その理念と可能性

祖田修 ほか編著

本書は、大きな転換期を迎えている農業・農村が、何を目指してその方向を模索しつつあるか、またどのような方向を目指すべきであるかについて、三つの地域を取り上げて考察したものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 持続的農村地域形成の理念
  • 第1章 生命の保全と地域農業再編-福岡市減農薬米運動の事例
  • 第2章 高度農業生産地域の形成と生活課題-愛知県渥美半島・施設園芸地域の事例
  • 第3章 生活と環境の地域的再生-長野県佐久地方の地域社会活動の事例
  • 終章 持続的農村地域形成の課題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 持続的農村の形成 : その理念と可能性
著作者等 加古 敏之
大原 興太郎
祖田 修
書名ヨミ ジゾクテキ ノウソン ノ ケイセイ
書名別名 Jizokuteki noson no keisei
出版元 富民協会
刊行年月 1996.3
ページ数 272p
大きさ 22cm
ISBN 4829401710
NCID BN14174537
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96056055
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想