蓮如

笠原一男 著

さびれきった真宗本願寺のかたすみに生まれながら一代にして「仏国のごとし」とまで謳われる隆盛をもたらした第八代法王・蓮如。武力が命運を決する戦国乱世にあって、本願寺は蓮如の知恵のみを武器に、民衆教団の育成のみならず全国的な展開をも達成した。本願寺五百年余におよぶ繁栄の礎を築き上げた真宗中興の英主・蓮如の不滅の思想の精髄を、あますところなく説き明かした期待の笠原蓮如論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 生と死の知恵
  • 第2章 史料で読む一揆と蓮如
  • 第3章 蓮如の生涯
  • 第4章 御文にみる蓮如の思想
  • 第5章 真宗にみる罪と罰

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 蓮如
著作者等 笠原 一男
書名ヨミ レンニョ
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 1996.4
ページ数 351p
大きさ 15cm
ISBN 4061592246
NCID BN14172305
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96055556
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想