情報経済論

飯沼光夫 ほか著

本書は、第1に情報社会の本質とそれが持つ問題点等を指摘し、トータルな視点から情報経済を分析した。第2に情報経済論を具体的に、かつ、論理的に展開するための基本的な考え方と、経済活動を把握する方法論を提示している。第3に情報化の現状と社会経済システムの関係とその方向性に関して論じている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 情報社会の本質とその特徴
  • 2 情報化の進展方向
  • 3 情報社会の脆弱点
  • 4 情報経済論の系譜
  • 5 情報経済の構造
  • 6 情報化進展の経済的要因
  • 7 社会経済システムと高度情報化
  • 8 情報メディアと情報テクノロジー
  • 9 高度情報社会の情報政策

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 情報経済論
著作者等 増田 祐司
大平 号声
飯沼 光夫
書名ヨミ ジョウホウ ケイザイロン
シリーズ名 有斐閣Sシリーズ
出版元 有斐閣
刊行年月 1996.3
版表示 新版.
ページ数 260p
大きさ 19cm
ISBN 4641059675
NCID BN1415909X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96054117
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想