南京大虐殺を記録した皇軍兵士たち : 第十三師団山田支隊兵士の陣中日記

小野賢二 ほか編

南京で何があったのか。1万数千にのぼる捕虜の「処理」に直接かかわった兵士たちが書きつづった日記には、どんな事実が記されていたか-1軒、また1軒と旧日本兵とその遺族を訪ね歩く粘り強い探索によって発掘された資料から、歴史の実像がここによみがえる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「斎藤次郎」陣中日記
  • 「堀越文男」陣中日記
  • 「遠藤重太郎」陣中日記
  • 「伊藤喜八」陣中日記
  • 「中野政夫」陣中日記
  • 「宮本省吾」陣中日記
  • 「杉内俊雄」陣中日記
  • 「柳沼和也」陣中日記
  • 「新妻富雄」陣中日記
  • 大寺隆陣中日記〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 南京大虐殺を記録した皇軍兵士たち : 第十三師団山田支隊兵士の陣中日記
著作者等 小野 賢二
本多 勝一
藤原 彰
書名ヨミ ナンキン ダイギャクサツ オ キロクシタ コウグン ヘイシタチ
出版元 大月書店
刊行年月 1996.3
ページ数 382p
大きさ 22cm
ISBN 4272520423
NCID BN14148388
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96052809
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想