カウンセラーの<こころ>

佐治守夫 著

カウンセリングとは何か、カウンセラーはどのような存在か。40年の臨床経験からクライエントとの関係を見つめ、臨床家によりふさわしい在り方を指し示す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • カウンセリングの実践の基本
  • カウンセリングの基礎-病者とのふれあい
  • カウンセリングの心
  • カウンセリングの要領
  • 心理治療にかかわる諸問題-カウンセラーとクライエントの関係を中心として
  • カウンセリングと教育の接点-教えるこということと育てるということ
  • 若い夫婦とのカウンセリング-その経過と問題点
  • 青年期「境界例」へのアプローチ-最近出会った若いクライエントたちの例から
  • 未解決な悲哀反応と無気力状態にある一人の父親について考えたこと
  • 私と学生相談
  • スーパーバイザーの機能-スーパービジョンの実践に当たって考えていること
  • ロジャーズ/クライエント中心療法-その本質と日本における変容

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 カウンセラーの<こころ>
著作者等 佐治 守夫
書名ヨミ カウンセラー ノ ココロ
出版元 みすず書房
刊行年月 1996.3
ページ数 295p
大きさ 20cm
ISBN 4622039567
NCID BN14131385
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96055516
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想