変貌する日本の金融制度

鹿野嘉昭 著

規制緩和・国際化の進展で日本の金融制度は激変する。現状、歴史、機能を平易・簡潔に解説。金融取引を理論・現実の両面から分析。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 わが国の金融制度の変遷と現状
  • 第2章 わが国の金融メカニズムの特徴と機能
  • 第3章 わが国の決済システムと技術革新
  • 第4章 銀行規制と監督
  • 第5章 短期金融市場の構造と機能
  • 第6章 わが国公社債市場の構造と特徴
  • 第7章 わが国貸出市場の構造と特徴
  • 第8章 メインバンク関係の日本的特徴
  • 第9章 新しい金融取引手法
  • 第10章 今後における金融制度改革の方向

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 変貌する日本の金融制度
著作者等 鹿野 嘉昭
書名ヨミ ヘンボウスル ニホン ノ キンユウ セイド
書名別名 Henbosuru nihon no kin'yu seido
出版元 東洋経済新報社
刊行年月 1996.3
ページ数 208, 4p
大きさ 20cm
ISBN 4492651837
NCID BN14096218
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96046485
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想